理想をすべて詰めた早く帰りたくなるおうちの外構

家づくりの計画を始めてから、家自体はもちろん、千葉のガーデニング工事中のおしゃれな家のように外構デザインにも手をかけたいと思い、長久手の住宅展示場を見学しました。様々な情報をネットで収集し、私の思い描いた理想の外構ができあがりました。
見た目はシンプルですが、小さいところにも細かなこだわりがあります。
まず、玄関アプローチは、大宮のリフォーム会社でおすすめされたシックなモルタルでなだらかなS字状にしてもらいました。モルタルを使うことで、住み始めてからしばらく経つと、クラックが入ってしまうのですが、私としては味があってお気に入りです。

玄関から少し出たところに、今話題のシンボルツリーを植えました。葉っぱの形がかわいらしいと思い、ネットでオリーブを購入して植えました。シンボルツリーに向かって、ライトを地面につけたので、ライトアップするとオリーブの木がすごく綺麗に映えます。
次に、リビングから外へ出れるウッドデッキです。こちらは、本物の木を使って大工さんに作って頂きました。管理は、人工木より大変ですが、天然の木ということで色の変化を楽しみたいと思っています。また、ウッドデッキの下から芝生を植えました。こちらも、人工芝より、管理が大変ですが、自然な色合いは、天然芝ならではですので、見たをを重視される方でしたら、絶対に天然芝がオススメです。芝生は、子供たちが遊ぶためにもやや広めにスペースをとりました。

駐車スペースは、3台分取りましたが、ひとつづつコンクリートにしてもらいました。間に白っぽい砂利を敷いたことで、おしゃれ感がグーンっとアップしました。雨の日の水はけもいいです。駐車場は3台ですが2台しか使用しないので、残りの1つのスペースに、コンクリートで子供たちの手形をつけてもらいました。子供たちが大きくなってからも残っていることが、うれしいです。

最後にフェンスについてです。すべてをぐるりと囲うことが、重苦しく感じたことと、節約のためもあり、リビングや芝生の遊び場が見えない程度で、明るい木目のフェンスを一部分に使いました。全くつけないよりも、プライバシーが守られて安心できますので、一部分フェンスはおすすめです。
以上が、我が家の外構のこだわりでした。

PR|女性のための薄毛治療研究会美容と健康女性ランキング会社経営に必要な知恵袋注文住宅のための用語集ゴミ屋敷解消Q&Aカウンセリングのお悩み解決サイト新築一戸建てを建てる時に読むサイトマーケティング経営研究.net英会話ノウハウ勉強会生命保険の口コミ.COM