家のガレージが自慢です

家の外構・エクステリアとして、一つでも自慢できるところがあるといいですね。私の家の場合も、一つだけしっかりこれはいいと自慢できるところがあります。それは、なんといってもガレージです。ガレージとして自慢できるのは、とてもいいです。
友人たちも、私の家のガレージが大好きでよく遊びにきてくれます。それほど、自慢できるのです。ここでは、私の家のガレージについてどんな風にいいのかお話します。

・ガレージが広い
まずなんといっても自慢できるのは、そのガレージが広い事です。車を2台おくことができます。私の家では、現在1台の車を駐車しています。その他には、自転車やバイクもそこのしっかり駐車できるようになっています。そのことは、とても助かっています。
以前は、もっと大きなガレージがいいと思っていました。しかし2台おける今の大きさに,とても満足しています。

・出しやすく入れやすい
私の家のガレージのいいところとして、もう一つとても車を出し入れがしやすいということです。まず広いので、少し運転が下手と思う場合もすんなり駐車をさせることができます。また入れる時に、車がこない場所なので、時間を気にすることなく駐車できるのです。後ろからせかされることがありますね。その時,とても焦ってしまうのです。その焦りが事故を引き起こしてしまうこともあります。そのことをおもうと、いれやすい、出しやすいはとても助かっています。

・倉庫になる
私の家のガレージの場合は、一台分あいているので現在は倉庫としても使うことにしています。倉庫としては、まず車の必要物品をおける棚を作っています。そこからさっと取り出して、リアルタイムうで使うことが出来るのでとても便利です。
またいいのは、ガーデニングをする時の必要な道具もそこにおいています。家の中に収納していたのです画、やっぱり面倒になりそこにおくことにしました。汚れているものをそのままおけるので、そのことでも助かっています。